大ピンチ!新生児を病院へ連れていきたい。でも保険証がまだ出来上がっていない。

おはようございます。きっきです。

長女は、生後3週間で病院にかかりました(先日の記事:気を付けて!新生児がRSウイルスに感染しました。)。保険証はまだ出来上がっていません。医療費はどうなるの?保険適用は?後から払い戻してもらえるの?

皆さんの参考になればと思い、以下記録します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




そもそも生後数週間で病気にかかるの?

母乳で育てている赤ちゃんは、母乳を通じてお母さんの免疫をもらっているので生後6か月くらいまでは病気にかかりませんよ。などと聞くことがあります。私たちもそう思っていましたので、今回入院した病院の先生に聞いてみました。

「はい。母乳を通じてお母さんの免疫をもらっていし、お腹にいるときから胎盤を通じてお母さんの免疫をもらっているのでお母さんがこれまでかかった病気にはかかりませんよ。でも、お母さんがこれまでかかったことのない病気にはかかってしまいます。

なるほど、納得しました。今回、長女はRSウィルスに感染しました。RSウィルスには多くの種類があります。妻は、以前RSウィルスにかかったことはあるそうです。でも、今回長女に感染したのは、妻が以前感染したのとは種類の異なるRSウィルスなのです。

母乳で育てているからと言って赤ちゃんが全然病気にかからない、というわけではありません

健康保険証は、早めに手配しましょう。

健康保険証が出来上がっていないと、医療費は自己負担になるの?

はい。結論からいうと、自己負担になります。

住んでいる地域によっては、医療証などを提出すれば医療費の個人負担が無くなるなどというサービスを提供している自治体もあると思いますが、健康保険証がないとそのようなサービスも受けられません

でも実は、健康保険証がなくても、医療費を自己負担しなくても良い方法が一つあります

健康保険証がなくても医療費を自己負担しなくて済む方法

会社に健康保険被保険者資格証明書を交付してもらいましょう。

健康保険被保険者資格証明書ってなんですか?ですよね。

初めて聞いたとき、私たちもそう思いました。医療事務員でも知らないことがあるそうです。

健康保険被保険者資格証明書とは、この人は健康保険に入っていて保険適用を受ける資格を有している者ですよ、と証明する書類です。

サラリーマンの方だったら会社を通じて交付してもらいます。交付元は日本年金機構です。手続きをすれば即日交付してもらえます。手続きを説明したウェブサイトのリンクを張っておきます。

従業員に健康保険被保険者資格証明書を交付するときの手続き

交付してもらった健康保険被保険者資格証明書をもって病院にいけば、健康保険証を持って行ったときと同じように保険適用を受けることができます

いったん支払った医療費を払い戻してもらうこともできるの?

はい。これもできます

大人でも、健康保険証を忘れたときなんかに、とりあえず全額自己負担で診療を受けておいて、「今月中に保険証もってきてくださいね。払い戻しができますよ。」、といった運用をしてもらえることがありますよね。

新生児の場合も同様です。保険証ができあがっていない段階で医療を受けて、その後、かかった病院がいう期限(今月中など)までに保険証を持っていけば払い戻しをしてくれます。

でも、健康保険証って申請から出来上がりまで結構時間がかかります。期限に間に合わないというときはどうしましょう?

実はこの場合は、健康保険証の代わりに健康保険被保険者資格証明書を持参すると払い戻しを受けることができます

私たちは、小児科・薬局でそれぞれ医療費・薬代を全額自己負担で支払いましたが、後日、健康保険被保険者資格証明書を持参し、払い戻しを受けることができました。

まとめ

今回、私たちは、長女の名前を決めるのに時間をかけたため、出生届を期限ぎりぎりの14日目に提出しました。その後、会社を通じて長女の健康保険加入の手続きをしたため、健康保険証の発行が遅くなってしまいました。

母乳で育てている赤ちゃんは一切病気にかからないと思い込んでいたのも間違いでした。

赤ちゃんは病気にかかるかもしれないので十分注意しつつ、健康保険等の手続きは速やかに済ませておきましょう

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする