お気に入りを、手放そうと思える瞬間

こんばんは!みどりです。

ブログを書けずにいる間も、定期的に断捨離は続けています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




ここ三カ月の自分の洋服類の断捨離

写真を撮れていないものもありますが、主に夏物です。

夏の間、これはもう着ないなと思った物を納得できたものから手放しました。

手放そうと思える瞬間

この5年ほど、衣類に関しては常に減らしたいという視点でクローゼットを眺めている私ですが、まめに見直しているつもりでも、なかなかすごい年代物や、これってなんで残ってるの?!と、不思議に思うものが常に眠っています。

やはり、基本的には好きなものばかりだから、審査の目が甘いのだと思います。

そんななかで突然「これはもう良いでしょう。」と思える時は、

  1. 破れ、ほつれなどが、自分ではなおせない、もしくはなおそうという気になれない時
  2. くたびれて、みすぼらしいかも、と思った時
  3. 似合わなくなったとき(以前のようにしっくりこない時)

の、3つかな?と、今思っています。

例えば・・・

このワンピースは、1番と2番。漂白剤をこぼしました。

授乳可能なワンピースで、妊娠中から産後も大活躍していたのですが・・・。写真で見るよりも、この脱色がかなり目立ち、外には着ていけず、家で着るたび息子に驚かれるうち、もうさよならかなと観念しました。

このサンダルも、大好きだったけど、1番。

10年以上大事にしていましたが、街を歩いていたら、靴の裏がびろーんと半分以上はがれました。

これまでも何度かお直ししていて、全体の使用感も気になりだしたタイミングだったので、お別れを決意。

実は去年も、10年選手で一番のお気に入り靴が、数年ぶりの使用中に壊れました。

まめに履けなくなると、傷みますよね。

私のようなずぼらな人間は、子育て中はとても普段履けないおしゃれ靴のメンテナンスはできないので、この2足の事件のおかげで靴箱整理を考えています。

似合わなくなったものばかり、ではないはず!

一番多いのは、やはり似合わなくなったもの、です。

何度かこのブログにも書いてきましたが、!30代後半になり、以前好きだった服がしっくりこないことが多くなりました。

でも、おそらく20代の頃より似合うものあるはずなのですよね。

昔よりシンプルでかっこよい?イメージのものが似合うようになったように、うすうす感じていますが、これも一度検証すると面白そうです。

あまり嘆かず、今は特に変化が激しい時期と自分を認めて、昔のお気に入り達との対峙を続けようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする