メルシーポット、ご存じですか?

こんばんは、みどりです。

5歳の息子が乳児の頃から、購入を迷っているものがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




家庭用吸引器の購入を迷っています。

迷っているのはこれ。

赤ちゃんの鼻水や痰を細い管で吸い取る機械です。

子供が風邪をひいて鼻水や痰でぜこぜこしていると、小児科で吸引してくれますが、あの処置を家庭でできるもの。

この吸引器、子育て中のママさん達は一度はその存在は聞いたことがある、というくらい有名です。

なぜ吸引器が必要なの?

3歳くらいまで、子供は鼻をかめないからです。

それにより、たまった鼻水や痰が、鼻や喉の感染を悪化させたり、耳に流れて中耳炎を起こしたりするから。

菌がたっぷりの鼻水は、どんどん出してあげることが、風邪を悪化させない一番の方法だと、小児科でも耳鼻科でも良く説明されます。

また、0歳の赤ちゃんは、自分の痰や鼻水でむせてしまい、母乳やミルクを飲みづらくなることもあるから。

それが続くととても危険なので、症状によっては一日何度も吸引のために小児科に通ったり、ひどい場合は入院になったりすることもあります。

そこまでいかなくても、風邪気味の赤ちゃんが、鼻がつまっておっぱいを上手に飲めず、横に寝かせるとさらに苦しそうなので、一晩中抱っこして夜を過ごした経験のあるお母さんは多いはずです。

私はこれを使っていました。

で、私が息子の風邪の時に使っていたのは、こちらです。

二本の管がついていて、一本は赤ちゃんの鼻に。

もう一本はママの口にくわえ、吸い込みます。

間にボトルを挟んでいるので直接口に鼻水は入ってきません。

構造がシンプルなので清潔に保ちやすいですし、使い方も簡単で、風邪のたびに出動しました。

ちゃちゃ!っと、子供に気づかれないくらに素早く、ズルズルー!と吸い取れれば大成功。お鼻も気持ちもすっきり。

が、やはり、皆さんが言うことですが

  1. 子供が嫌がって暴れる。
  2. 無理やり抑えて鼻水を吸う。
  3. さらに暴れてギャン泣きする。
  4. 鼻水が出る。
  5. 痰もからむ。
  6. 泣きすぎて吐く。

大体こんな顛末を迎えます。

鼻水とりたかっただけなのに、ナニコレ、となります。

これまで購入していない理由

そんなに大変だったのに、なぜ機械を購入していなかったの?という感じですが、

  1. 2歳までは風邪をひくことが少なかった。
  2. 手動でも機械でも、どちらにせよ嫌がって暴れるのではないかと思った。
  3. 頻繁に風邪をひくようになった頃から、鼻もかめだした。
  4. 吸入器が場所をとる。
  5. お値段も安くない。
  6. (私が質問した)医師たちが特にすすめない。

このような理由で、ここまで買わずにきました。

なぜ、今欲しいか。

では、今になってなぜ悩んでいるかというと、

  1. 下の子が産まれた。
  2. 下の子は0歳からよく風邪をひく。
  3. 息子が一年中鼻かぜをひき、毎回悪化させて中耳炎を起こす。
  4. 息子はもう吸引を嫌がることもない。
  5. 幼稚園のお友達から、立て続けにその良さを説明された。

これらの理由です。

息子が本当に良く風邪をひくのですが、膿(鼻水)が中耳にいきやすい形とのことで、とにかく一年中中耳炎なのです。

鼻をマメにかませていますが、幼稚園でお話したママさんが、メルシーポットなら鼻水が気持ち良いくらいとれるし、子供も楽になるの知ってるから、自分からやって~ってくるわよ!5歳になっても本当手放せないわよ~と!!

なるほど、息子も吸引器でもっとしっかり鼻水をとれば、毎回悪化しなくてすむのかしら?と思い、かかりつけの小児科の先生と、耳鼻科の先生に家庭での吸引はした方が良いでしょうか?と質問してみたのですが、お二人とも、鼻を自分でかめるならそれが一番、吸引は、鼻がかめるなら必要ないけど・・まあ、もちろん悪くないけど・・・というスタンスでした。

まあ1歳の娘もいるし、二人で使えば元もとれるような・・・。

でも置く場所がないなー!

と、二学期が始まって早速風邪をひいた兄妹の鼻を拭きながら、悩むのでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする